挙式のスタイルについて

挙式のスタイルは、神前式、仏前式、キリスト教式、人前式の主に4種類があります。これは信仰している宗教がある場合は、必然的に決まってきますが、念のため両家に確認しておきましょう。挙式スタイルで両家の意見が違うと、揉める原因となってしまう事が多いです。既に結婚式場が決まっている場合は、式場で可能なスタイルに限定されます。

参照資料<キリスト教式・神前式を挙げられる京都の結婚式場 ザ ソウドウ>

キリスト教式は教会で行いますが、協会によってはキリスト教を信仰していなくても、ミサに参加するなどで受け付けてくれる事があります。式場内にあるチャペルなら、信仰に関係なく協会で挙式ができます。

神前式は神社にて和装で行います。伝統に則り行われる厳かな挙式です。大きな神社では披露宴もできますが、小さい神社では挙式のみ神社で挙げ、その後披露宴会場に移動します。式場内に神前式ができるスペースがあれば、そのまま移動せず披露宴ができます。

仏前式はお寺で行うスタイルです。檀家以外は認められない事が多く、挙式には親族のみ参加します。人前式はゲストが立会人となる、自由なスタイルの挙式です。宗教に囚われる事なく自由に挙式ができる事、ガーデンウェディングやゲストハウスウェディングでもできる事から人気があります。